« ズーラシア | トップページ | 満開 »

2006年6月10日 (土)

雄叫び(7)

トイレで鏡を見たら、自分の顔が見知らぬ女性の顔になっていた。
自分には似ても似つかぬ、白い顔。
いったい何だ、これは。わたしはどうなってしまったんだ? 何があったんだ?
ドアのノブが動いて、誰か来た。あれ? ここは女性用のトイレだ。

と、悲鳴をあげて目が覚めました。いやー、怖かった。それにしても、いったいあの顔は誰なんだ?
徹夜明けで睡眠不足だったのに、何度もうなされて目が覚めました。

2006.06.10 at 21:15 雄叫び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/10468507

この記事へのトラックバック一覧です: 雄叫び(7):

コメント

コメントを書く