« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 駅伝三昧(その2) »

2008年1月 1日 (火)

駅伝三昧(その1)

高崎の実家近くで「ニューイヤー駅伝」を見物。2区(22km区間)の最初の方です。まだ序盤ということもあって、各チームそれほどばらけておらず、あっという間に通り過ぎていきました。

2区には、日清食品の徳本(元法政)や中国電力の尾形など、有名選手も走っていました。しかし、徳本はいまひとつ調子が出なかったようで・・・。注目していたのは地元SUBARU。1区は1位通過し、見物した時点では上位(6位)で通過していったのですが、最終的には12位。残念でした。

20080101tokumoto

20080101takahashi

▲ 左は徳本(日清食品)、右は高橋(SUBARU)

ちなみに、トヨタ自動車九州の「山の神」今井は5区を走ったようです。このあたりは全然見ていません。

2008.01.01 at 23:59 スポーツ, 日記・コラム・つぶやき, 群馬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/17579690

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝三昧(その1):

コメント

コメントを書く