« 2009年第63~65号 | トップページ | 佐世保バーガー »

2009年8月22日 (土)

開国博Y150

ゴールデンウイークあたりに開幕してから既に4カ月。今さらですが、やっと行ってきました。1日券を買うのがもったいなかったので、17時以降入場できる「夜間割引券」を利用しました。会場に着いたのは17時半過ぎ。ちょうど良い感じです。ちなみに自宅最寄りの京急の駅で入場券を買おうとしたのですが、係員がダメダメ君だったので、ここでは購入できず。東急の横浜駅で買いました。ダメダメ君、客の話は聞くようにしてくださいね。

見たかったのは向井千秋さん監修の「アースバルーン」だけ。他は時間があれば見るという軽い目標でした。現地に着いてみると、なんと「彦根市イベント ひこにゃんがやってくる」が予定されていることに気づきました。これは見たい。ということで、スケジュール表をにらみながら、彦根市イベント、アースバルーン、ラ・マシンの順番に見ることにしました。

で、彦根市イベント。彦根市から11日間かけて自転車「リキシャ」でやってくるゴールが設定されています。開演間もなく、ひこにゃんを乗せたリキシャが感動(?)ゴール。Y150キャラのたねまるとぬいぐるみを交換。そして、グダグダなビンゴイベントに。ビンゴカードを持っているのは先着の何名かだったはずですが、ビンゴカードを持っていない観客が多数。結局景品のK数を下回るビンゴ当選者しか現れず、グダグダなまま終わった感じ。

2009_0822y0023

▲ ぬいぐるみを交換したひこにゃん(中央)とたねまる(右)。左はやちにゃん

そして、お目当てのアースバルーン。バルーン自体は横浜港の対岸である筆者自宅方面からも見えるのですが、やはり近くで見たい。わずか5分の上映内容ですが、バルーン自体の美しさも良かったし、ストーリー(というかメッセージ)も良かったと思います。1日4~5回くらい上映しているようなので、見る価値はあるかなと思います。

2009_0822y0037

▲ ちょうどインターコンチネンタルホテルの上に地球が浮いているように見えました

そして、場所を少し移して「ラ・マシン」へ。早い話、機械仕掛けの巨大クモなのですが、これを10人くらいのパイロット・クルーで操縦しています。途中、頭部はかなりの高さまで上ることもあり、乗ってみたい衝動にかられてしまいました。なお、フードコートで飲み物1杯買えば、飲食用テーブルで座ってみられますので、こちらがオススメ。

2009_0822y0066

▲ 頭部の高さは10数メートル?

あとは、土産物屋さんをひやかしてから、お腹も空いたので会場を後に。滞在3時間半くらいだったでしょうか。全部見て回る気持ちが無かったので、これで十分堪能できました。

空腹に耐えきれず、適当に開いているお店に飛び込んでみたのですが、このお店が大正解。「grill & aligot zip」というレストランです。もちもちニョッキのゴルゴンゾーラソースは絶品です。他の料理も全部美味しい。

2009_0822y0097 2009_0822y0098

▲ 左=もちもちニョッキのゴルゴンゾーラソース、右=ラムのカルビ

というわけで、食事が良いと充実した一日になった気分です。ちなみに、ワインを2人で1本。いい感じに酔ってました。

2009.08.22 at 23:59 日記・コラム・つぶやき, 横浜 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/46013093

この記事へのトラックバック一覧です: 開国博Y150:

コメント

コメントを書く