« 雄叫び(50) | トップページ | 雄叫び(51) »

2012年5月21日 (月)

金環日食

朝から日食グラスを手に準備万端。実は、絶対起きなくてはと緊張して、夜中から明け方にかけて、何度も目が覚めて、眠い。

7時過ぎ、空は厚い雲に覆われて、小雨も降っている悲惨な状況。ダメ元で目星をつけていたマンションの駐車場へ出て、晴れ間を待つ。周りには同じ場所を狙っていた住民が集まりだしています。そして待つこと約10分。リングになる前の時間に、微妙に雲の隙間から三日月状の太陽が見えました。短時間ではありましたが、グラスを通して、きれいに観測できました。もしかしたら金環日食の時間帯にも同じように見えることがあるかもしれない。期待を持って、所定の時刻を待つ。

さて、予定の7時31分。太陽は雲に覆われ、全く見えなくなっていました。無念。半分あきらめかけていたところでしたが・・・。約5分の金環日食が観測できる時間も終わろうかという35分頃、奇跡的に雲が薄くなり、雲を通してリング状の太陽が見えました!約10秒程度。肉眼で雲を通してリングが観測できましたが、グラスを通すと何も見えない。肉眼で見えた分、ほかの場所より得したと思うことにします。

次は2035年9月2日の皆既日食を実家から堪能しようと思います。23年後が楽しみです。

20120521

▲ 約10秒の金環日食、iPhoneのカメラを向けてみましたが、無理でした。

2012.05.21 at 23:59 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/54770124

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食:

コメント

コメントを書く