« 東京ヴェルディ対ジェフ千葉(駒沢陸上競技場) | トップページ | 雄叫び(52) »

2013年10月14日 (月)

CS1stステージ パ第3戦 埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ

クライマックスシリーズ パシフィックリーグファーストステージ第3戦 埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ(西武ドーム)
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
千葉 0 0 0 0 1 1 0 2 0 4 7 0
埼玉 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 8 1
勝: 唐川 敗: 牧田 本塁打: 鈴木、井口 審判: PL本田、1B渡田、2B石山、3B中村、LL栄村、RL笠原

20131014seibu1

20131014seibu2

20131014seibu3

東横線と副都心線、西武線が直通するようになってはじめて訪れた西武ドーム。横浜から西武線直通の電車に乗って楽々到着できるはず。しかし途中、小竹向原でまさかの運転打ち切り。練馬駅で西武有楽町線方面からの電車が故障しているとのことで、早めの復旧は見込めない雰囲気。仕方なく池袋に戻り、普通に西武池袋線に乗り、西所沢で乗り換え。ほとんど直通のメリットを感じることないうえに、試合開始にも間に合わない残念なことになってしまいました。

それはともかく1勝1敗で迎えた第3戦。どっちが勝っても次(ファイナルステージ)に進める大事な試合。先発は牧田と唐川。一塁側内野席でまったりと観戦しようかと思っていましたが、意外に両チームのファンが入り交じり、熱心な応援という感じ。そうそうビールばかり飲んでいる感じでもなくなってしまいました(飲みましたが)。

前日、前々日とは打って変わって引き締まった試合になり、中盤まで両チーム無得点。こういうときには一発で得点かと思っていたら、5回表に鈴木大地がソロ本塁打を放ちマリーンズが先制。6回には井口がソロ本塁打で追加点。マリーンズがリードを広げます。

その裏、快調なピッチングを続けていた唐川が無死一、三塁のピンチを作って内に交代。内は浅村に大きな犠牲フライを打たれたものの続く秋山を併殺打に打ち取ってピンチを脱する好リリーフ。浅村の打球がもうひと伸びあれば違った展開だったのでしょうけれど。

8回表、一死一塁からライオンズは投手を涌井に交代。これがライオンズは誤算だったでしょう。盗塁、悪送球でピンチを広げると、今江に四球でさらにピンチを広げ、一死一、三塁。角中は右中間にはじき返し、2走者が生還し追加点。涌井は続くサブローに四球を与えたところで一死も取れずに降板。シーズン終盤のピッチングができず残念でした。

マリーンズはこのまま逃げ切り、イーグルスの待つファイナルステージに駒を進めました。下克上の再現がなるかどうか。さらに、カープとの下克上対決があり得るのか。興味津々です。

ちなみに帰りは、石神井公園から東横線直通の電車に乗れ、今度は快適に帰宅できました。

2013.10.14 at 23:59 野球, 野球観戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/58387141

この記事へのトラックバック一覧です: CS1stステージ パ第3戦 埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ:

コメント

コメントを書く