« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

武田神社・甲府

4月30日土曜日、ゴールデンウィークの最中、人混みを避けるように甲府へ。目的は武田神社。100名城めぐりの一環です。甲府城には以前に行ったことがありますので、今度は武田神社。ここは武田氏の本拠地である躑躅ヶ崎館の跡に建てられた神社。100名城のひとつに数えられています。

横浜から直行の「はまかいじ」に乗り、甲府へ。あまり快適とはいえない車両ですが、乗り換えなしで到着できるのはうれしい。甲府駅からバスに乗り、なだらかな坂道をひたすら上ること約10分で到着。

20160430kofu01

▲ 武田神社正面から

ここは館跡とはいえ現在は神社になっていますので、あまり城郭を偲ばせるものは感じられませんでした。探してみればあるのでしょうけれど。普通に参拝をすませ、併設された宝物殿でスタンプをゲット。境内の建物や展示物を散策。

20160430kofu02

▲ 100名城スタンプ

20160430kofu03

▲ さざれ石

20160430kofu04

▲ 本殿

20160430kofu05

▲ キティちゃん

甲府駅への戻りはバスに乗らず、徒歩にしました。山梨大学のなだらかな下り坂を歩く形になります。山梨大学の前を通り甲府駅へ。山梨大学にはノーベル賞をとった大村先生を祝う垂れ幕がかかっていました。

20160430kofu09

▲ 甲府のマンホール蓋

お昼時を過ぎていますので、かなり空腹。甲府駅近くの「奥藤本店」で山梨ワイン、鳥もつ煮、おそばのランチ。鳥もつ煮は山梨の地元グルメとして有名になりました。昼間から飲むワインは最高です。

20160430kofu06

▲ 鳥もつ煮

20160430kofu07

▲ おそば

20160430kofu08

▲ 山梨ワイン

県庁の旧館(現在は山梨人物館)を見学などして、夕方帰途につきました。帰りは直通の特急が無く、八王子から長時間横浜線に乗るのもいやなので、新宿経由としました。新宿まで「あずさ」に乗り、品川を回って京急で帰宅。写真はあずさ車内で食べた桔梗信玄餅シリーズのスイーツ。

20160430kofu10

▲ 山梨県庁の旧庁舎

20160430kofu11

▲ 信玄餅アイス

20160430kofu12

▲ 信玄餅クレープ

2016.04.30 at 23:59 , 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

徳島

4月23日(土)から1泊2日で徳島へ。24日(日)の「とくしまマラソン」に参加するための遠征です。熊本地震からわずか10日後。中央構造線沿いの徳島へ行く不安もありましたが、熊本支援のチャリティーも実施ということもあり予定通りに参加しました。

23日午前の便で徳島空港へ。路線バスで徳島駅に10時頃到着。マラソンの受付はお昼からということで、午前中は徳島駅北側に広がる徳島城を散策することにしました。

徳島訪問は2回目。1回目は高知県から香川県への移動中、乗り換えで時間があったので徳島駅から外に出てみただけ。当時の記憶がほとんど残っておらず、

徳島駅の構造上、徳島城に行くには駅の東西いずれかからJR線を越えなければなりません。駅の北側には出口がないので南側にある出口から北側に回り込む必要があるからです。西側経由であれば踏み切り、東側経由であれば高架で。今回は、西側の踏み切りを越えたところがマラソン受付会場(体育館)なので、西側ルートを選択。しかし、城へのアプローチを考えると東側の方がよかったようです(地図参照)。体育館の裏側に回り込むような感じで徳島城の敷地に入ります。公園として整備されていて、グラウンドやテニスコートなど充実しているようです。敷地はあまりにも広大過ぎて、隅まで回ることはできませんでした。再建された鷲の門や堀を見て、100名城スタンプもゲット。体育館方面に戻り、マラソンの受け付けを済ませました。受け付けと同時に熊本支援のチャリティーも。

Tokushimastationmap
▲ 西回りと東回り。西回りを選択しました

20160424tokushima01
▲ 復元された鷲の門

20160424tokushima02
▲ 城名碑と堀

20160424tokushima03
▲ 100名城スタンプもゲット
ランチは徳島駅前ポッポ街でカレー。だいきちカレーにて。野菜カレーを選択。ごはんに鳴戸金時が炊き込まれていて、甘みを感じます。カレーは比較的甘口で、ごはんとも具材の野菜ともよくマッチしていました。美味しくいただきました。

20160424tokushima04
▲ だいきちカレー

ランチ後は近辺の観光へ。徳島駅近辺のスポットといえば、やはり眉山。山の形が眉のように見えるからついた名前と聞いています。徒歩でロープウェイ乗り場(阿波おどり会館)まで移動し、ここからロープウェイで頂上へ。ちなみに往復券を買いました。下山は徒歩という選択肢もありますが、翌日のマラソンに差しつかえるといけないので自重しました。下り坂は膝にこたえますから。眉山の頂上では展望台から徳島市の市街地を一望することができ、さらに遠くに目を移せば鳴門海峡にかかる大鳴門橋も見えています。眉山頂上では景観以外の楽しみも少ないので、早々に下りのロープウェイに乗車。費用の割に時間が時間が短かったかもしれません。

20160424tokushima05
▲ 眉山山頂からの眺望

続いて今度は徳島県庁へ。城めぐりや国道めぐりに加えて、各都道府県の県庁をまわる旅もひっそりと継続中で、その一環です。徳島県庁は徳島駅から歩くこともできますが、バスやJR(一駅分)で移動しても良いかもしれません。今回はJR(阿波富田駅を利用)で移動しました。翌日のマラソン大会のスタートが県庁前なので、訪問はそのときでも良かったのですが、スタート前で混雑していて慌ただしいことを危惧して、前日に訪問し写真を撮りました。平日であれば庁舎の中にお邪魔して、見学可能な部分を見てくるのですが、土日は閉庁しているのが普通ですので、外観のみ写真に納めました。そうこうしている間に雨が降り始め、あわてて駅へ移動し、電車で徳島駅へ戻りました。

20160424tokushima06
▲ 徳島県庁

宿泊は徳島駅前に新しく開業したダイワロイネットホテル。夕食はホテルに置いてあったガイドに掲載されていたお店「とりけん」へ。駅近くで便の良いお店なのでマラソン宿泊客の来店も多いだろうと思い、念のため電話予約のうえで訪れました。実際かなり混雑していたので、予約して正解だったかもしれません。カウンター席で鳥を中心にしたメニューを楽しみました。すだち酒やワインも少しだけ。また、メニューには無かった白飯をお願いしてみたところ、快く出してもらえました。お茶漬けとかメニューにあるので、無理なく出せるのでしょう。好印象。しっかりエネルギーを蓄えて翌日のマラソンに備えます。

20160424tokushima07
▲ 鶏肉が旨い

24日(日)のマラソンの詳細はこちら

マラソン後はゴール地点近くのスーパー銭湯(あらたえの湯)で入浴。汗を流してから帰宅できるのは助かります。入浴後はマラソンゴール会場に戻り、「ランナーズクルーズ」で藍場浜公園へ移動しました。バスまたはクルーズ船(というよりボート)で移動しますが、筆者は船を選択。バスより楽しめたと思います。渋滞無いし。ここで完走メダルをゲット。ある意味とくしまマラソンらしいデザイン。好みは分かれると思いますが、これはこれでアリなんじゃないでしょうか。

20160424tokushima08
▲ 独特なテイストの完走メダル

そうこうしている間に意外と時間がかかってしまい、空港へ移動するバスの発車時刻まであまり時間がなくなってしまいました。本当はこの間に徳島ラーメンを食べてみたかったのですが、時間切れ。ただ、空港で食べられましたので、それでも良かったのかもしれません。土産物を物色後、バスに乗り込む空港へ。

20160424tokushima09
▲ 空港で徳島ラーメンにありつけました

一泊二日で帰りの便が早かったのでマラソン以外のことがあまりできない遠征でしたが、徳島城、眉山、県庁など回れました。まあまあ良い遠征にできたと思います。マラソンの結果は目標にはるかに及びませんでしたが、最低限の完走はできましたので、こちらも良かったのではないかと思います。

2016.04.24 at 23:59 , 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム)

パシフィックリーグ公式戦 北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム)
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
福岡 2 0 2 0 0 0 0 0 0 4 5 0
北海道 0 0 0 0 1 0 0 2 0 3 7 1
勝: バーデンハーク 敗: メンドゥーサ 本塁打: 内川、西川 審判: PL深谷、1B佐々木、2B秋村、3B石山

20160401npb01

土曜日開催の試合ですが、前日からの移動の関係と思いますがナイター開催。内野自由しか取れなかったので、二階席が開放されていない場合窮屈なことになるところでした。開幕直後とあって客足も好調だったようで、無事二階席で観戦することができました。

終盤でファイターズが1点差に追い上げ、形の上では接戦に見えますが、全体を通してホークスの強さが際立った試合。点差以上の安定感を感じました。

今年もぶっちぎりの強さなのではないでしょうか。

2016.04.01 at 23:59 野球, 野球観戦 | | コメント (0) | トラックバック (0)