« 武田神社・甲府 | トップページ | 清水エスパルス-ザスパクサツ群馬(IAIスタジアム日本平) »

2016年5月22日 (日)

岩村城・名古屋

5月21日から一泊二日で恵那(岐阜)、名古屋へ行ってきました。元々は一週間前の土日に岐阜で開催されるハーフマラソンに参加する予定だったのですが、仕事の都合で取りやめに。しかし名古屋往復の新幹線回数券を入手済みだったので、予定を変更しました。主目的は名古屋の庄内緑地公園で開催されるハーフマラソン(といっても公園内の9周するコースで、ロードレースではありません)。あわせて、その前日に岐阜県の岩村城も訪問しようというコース。

土曜日、朝の新幹線で名古屋へ。9時頃に到着して中央線快速に乗り換え。恵那を目指します。恵那からさらに明知鉄道に乗り換えて岩村駅を目指します。正午くらいに到着。お昼を食べてから城を目指すか迷いましたが、新幹線の車中で朝ご飯をたべていたので、昼食は後回しにして城へ。手荷物は岩村駅のコインロッカーに預けました。小規模なロッカーなので空きがあってよかった。

岩村城へ向かう道は古い町並みを保存するようにしているようで、味わいのある道でした。気になる和菓子屋さんなど見ながら、城を目指します。城の手前には「岩村歴史資料館」があり、まずはここを見学。係員のおじさんはお弁当を食べているところ、中断してしまってすみませんでした。

20160521enanagoya01
▲ 岩村城へ向かう道。古い町並みを保存しています

20160521enanagoya02
▲ 歴史資料館

見学後、いよいよ城郭の跡を目指します。ここは日本三大山城に数えられる城。覚悟を決めてアプローチします。ひたすら坂道や階段を上ることになりますが、比較的路面は整備されていて、安全に登れました。普通のスニーカー等で問題ありません。ただ、気候にもよりますが、水分補給できるように飲み物は用意しておいた方がよさそうです。

20160521enanagoya03
▲ 岩村城へ上る石段。よく整備されている印象

整備された階段を上っていくと、やがて見えてきたのは立派な石垣の構造物。何重にも囲まれた石段を見ると、往時の防御を考えた山城の構造を考えることができます。いちばんの見どころは「六段壁」なのでしょう。階段状に石垣が積まれています。山城でいつも思うことですが、こんなに巨大な石をよくもここまで持ち上げたものだと思います。石垣を登り切った本丸跡からはあたりの景色が見渡せます。

20160521enanagoya04
▲ 六段壁

20160521enanagoya05
▲ 本丸へ入る門の跡?

20160521enanagoya06
▲ 本丸からの眺望

ちなみに、登り切ったところにある本丸御殿近くに駐車場があり、クルマで本丸に近いところまでアクセスする方法もあるようです。しかし、城の規模感を感じるには、体力が許すのであれば岩村駅からの町並みも含めた山登りのコースが良いように感じました。

恵那駅に戻る途中で遅いランチ。みはらで五平餅。そして恵那駅で待ち時間ができてしまったため、駅併設のキッチンゆらというカフェで生ビールをいただきました。至福のひととき。

20160521enanagoya07
▲ 五平餅

20160521enanagoya08
▲ 生ビール

名古屋に戻り、駅近くのホテルにチェックイン。夕食は適当に見つけて入った店で。TEBA。適当に見つけて入ったにしては良い選択でした。「カルボナーラきしめん」などしっかり食べてしっかり飲んで名古屋駅近くのホテルへ。

20160521enanagoya09
▲ きしめんカルボナーラ

ホテルは素泊まりだったので、朝食は名古屋駅内のマクドナルドでモーニングセット。マクド(関西人か!)で朝食なんて何年ぶりだろう。朝食後、地下鉄に乗って庄内緑地公園へ。名古屋の地下鉄は乗り慣れていないので、名古屋駅で思わぬ距離を歩きましたが、もっと良い方法があったに違いない。そんな気がします。

マラソンの内容はこちらで。

マラソン終了後は、名古屋駅ビル内でランチ(ビールと共に)。少しだけ名古屋近辺を散策後、この日のメインイベントへ。メインイベントはマラソンではなく、駅ビル内に新しく開業した味仙。元々、名古屋駅から少し離れた今池駅近くの「台湾ラーメン」が名物のお店。これが名古屋駅でも食べられるなら、行かなければならない。そう思い、帰りの新幹線2時間前に入店。

首尾良くあまり長時間待つことなく、席へ案内されました。「台湾ラーメン」に加えて「青菜炒め」とビール(一番搾り名古屋づくり)を注文。青菜が先に出てきて、ビールを飲みながら台湾ラーメンを待ちます。そして、待望の台湾ラーメン。

あれ?辛いのは想定通りであるものの、何か違う。本店の台湾ラーメンは辛い中にも旨みがあるのに、今日の台湾ラーメンは辛いのを通り越して痛いだけ。もうビールの味も青菜の味もわからない。味仙ってこんな味だっけ。

20160521enanagoya11
▲ 名古屋づくりを飲みながら待ちます

20160521enanagoya10
▲ 何か違う台湾ラーメン・・・

メインイベントに敗れて、肩を落として新幹線に乗り込み、帰宅の途に着きました。新幹線に乗る前に缶の「名古屋づくり」を買い込みましたが、まだ舌がマヒした状態のようで味がわからず・・・。ちなみに横浜の自宅に着いてもまだ影響が残っておりました。

2016.05.22 at 23:59 , 旅行・地域 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/64022682

この記事へのトラックバック一覧です: 岩村城・名古屋:

コメント

コメントを書く