« オールスターゲーム2017第2戦 全パシフィック-全セントラル | トップページ

2017年7月29日 (土)

うな清

絶滅が危惧されるニホンウナギ。以前は年に数回レベルで食べる機会がありましたが、今は年に一度だけ、土用の間に美味しい鰻を食べることにしています。昨年は自宅にほど近い「うな清」を丑の日当日に攻めましたが、この日に限り蒲焼きの持ち帰りのみというメニューでした。それはそれで美味しかったのですが、やはりお店で鰻重を食べたい。

ということで、今年は丑の日当日を外して、昨年と同じ「うな清」を訪問。しかし残念ながらその日は全部売り切れてしまったということでした。一週間後のこの日、満を持して1時間早くお店に到着。天候が雨という条件も加わったせいか、無事に鰻重にありつけました。

オーダーしたのは「特白蒲重」。年に一度ですから贅沢させていただきます。ビールを飲みながら待つことおよそ10分(推定)。目の前に夢にまで見た(大げさ)重が運ばれてきました。ふたを開けると右半分は白焼き、左半分は通常の蒲焼きが乗っていました。白焼きは「わさび醬油」でとお店の方の説明がありました。

201707unasei
▲ 鰻重の他にお吸い物、箸休めの大根おろし、漬け物。右下は白焼き用の醤油

まずは白焼きを何もつけずにそのまま一口。これは美味い。そして今度はお店の方の言うとおりにわさび醬油で。これも絶妙の組み合わせ。鰻の白焼きをわさび醬油がこんなに合うとは。新しい発見でした。

次は普通の蒲焼きへ。これも焼き加減とタレの味が絶妙。そしてごはんの炊き方も鰻重向けに少し固めに調整してあるのでしょう。こちらも絶妙でした。あっという間に完食。完食間際に気づいたのですが、山椒を忘れていました。危ない危ない。

こんなに美味しいのにあと一年食べられないなんて。自分で決めたルールとはいえ、ちょっと厳しすぎるかもしれません。でも種の保存のためには仕方有りません。来年も同じ店を攻めたいところですが、新しく違うお店を開拓するかもしれません。一年かけて情報収集に当たりたいと思います。

2017.07.29 at 23:59 グルメ・クッキング, 横浜 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/65628839

この記事へのトラックバック一覧です: うな清:

コメント

コメントを書く