« 42.44km | トップページ | 5.88km »

2015年10月18日 (日)

長井マラソン大会2015

2015年10月18日、山形県長井市で開催された「長井マラソン大会」に出場しました。山形県内で行われる唯一のフルマラソンですが、開催回数29回を数える歴史ある大会です。開会式での説明によれば、最初は地元「鉄人会」主催の数十人規模の大会だったとか。現在は600人超の参加人数です。

10月第3日曜日であるこの日は山形県内のマラソン集中日のようで、米沢や酒田でハーフマラソンが開催されています。大きなお世話ではありますが、実施日の調整はつかないものなのでしょうか。両方出たい人もいるだろうに。

前日に山形入りして、最初に山形市内で新旧県庁の建物を見た後、山形城に移動。もう1カ所まわりたい場所があったのですが、時間切れのため断念。移動には山形市内数カ所で借りられるレンタサイクルを利用。これは重宝できます。

新幹線で赤湯へ移動。この間20数分しかないのですが、駅で購入しておいたお弁当を食べました。慌ただしい。赤湯で山形鉄道に乗り換えて南長井駅で下車。この線路はワンマン運転、無人駅ということで運転士さんに切符(週末パス)を見せて下車。運転から切符の確認まで大変そうです。

南長井駅からマラソン会場の置賜生涯学習プラザまでは徒歩で約20分。あまり徒歩での移動を前提にしていないのだろか。立派な陸上競技場や体育館、プールがあり、近隣自治体の名前が入ったマイクロバスが出入りしていました。周辺自治体が共同で使用するスポーツ施設なのでしょう。

2015nagai11
▲ 置賜生涯学習プラザ(翌日のレース後撮影の写真です)

前日受付を済ませ、予約していたホテルに向かいます。ホテルは南長井駅からマラソン会場とは反対方向に約20分。つまりマラソン会場からは少なく見積もっても30分以上かかることになります。マラソン前日の移動としてはOKだが、マラソン当日の朝にはちょっと厳しいかもしれません。実際にホテルまで歩いてみた結果、翌朝はタクシーを利用することにして、チェックイン時にフロントで予約しました。

夕食はホテル内のレストランでパスタ。カーボローディングに励みます。最近、マラソンの回数を重ねてきて思うのですが、これ意味あるのだろうか。体重がいつもより増えて、かえって負荷がかかってしまうような気がしています。

2015nagai13
▲ パスタ。高崎のパスタに慣れていると盛りが少ない気がしてしまう。

当日朝は午前7時にホテルの朝食。「和食」「洋食」「カレー」から選ぶ形式でしたが、「洋食の料理に主食はご飯」をオーダー。快く特殊なオーダーを聞いてくれました。ありがとうございます。朝食を済ませ、7時45分にホテルをチェックアウト。タクシーに乗り込んでマラソン会場へ。約10分で会場に到着。

会場に到着すると準備をするランナーでごった返しています、といった表現には程遠い落ち着いた雰囲気。大規模大会でないので参加者も落ち着いて(殺気立たずに)行動しているようです。トイレの大行列とか皆無でしたので、とても気が楽な大会でした。

2015nagai1
▲ 開会式、副市長の挨拶。隣はゲストランナーの宇野けんたろうさん(ゲンキーズ)

筆者の場合は上着を脱ぐだけで走り始められる服装だったので更衣室を利用する必要もない。応援の同行者がいたので荷物を預けたいところだが、貴重品以外の荷物預かりはやっていないようでした。しかし、小規模ながらコインロッカーがありました。しかも投入した100円硬貨は利用終了時に帰ってきます。これは助かりました。早めの会場到着をお勧めします。

フルマラソンのスタートは9時5分。交通規制の開始は8時50分。結構ぎりぎりまで車が通行しています。規制が始まったところでスタートエリアにランナーが集まり始めました。この規模ですので、スタートラインの通過もそれほど時間がかかりそうもありません。殺気だってスタート位置に割り込むような人も皆無です。コースは簡単に言うと21kmのコースを2周するのですが、1周目と2周目で若干コースが違います。

2015nagai2
▲ スタートを待つランナー。スペースに余裕があります

1周目。順調にスタート。少し早すぎるくらいのペースで、1km通過は5分半を切っていました。というより5分に近いくらいのスピードでした。いつものこととはいえ、これはマズイ。長持ちしない。1kmからは落ち着いたペースに何とか戻し、1kmあたり5分半のペースに。このペースで10kmまで順調に進みました。

10kmから2キロくらいの間、微妙に上り坂になります。急な坂ではなかったのでペースを落とさずに進んだのですが、このあたりからペースの維持が難しくなってきました。キロあたり5分半だったところが5分40秒になり、5分45秒になり、・・・という感じ。上り坂が終わってもそんな状態が続きます。これ以上はペースを落とさないようにすると、結構脚に疲れがでてくる感じです。

18kmくらいの橋を渡るところで再び上り坂。今度はペースを落として上りました。これ以上バテるといやなので。そんな感じで最初は順調。しかしペースを落としながら1周を終えました。中間点通過は1時間58分くらい。想定より3分遅いペース。でもまだサブフォー可能なタイムです。

2周目も微妙にコースが違いますが、30km付近と39km付近の2回の上り坂があります。30km付近の方は緩く長く続く上り坂です。何とかキロ6分を切るペースを続けてサブフォーへの望みをつなぎたかったのですが、30km付近の上り坂ですべてが崩壊しました。10kmくらいから続いていた脚の疲れがピークに達し、力がうまく入らなくなってきました。スピードを落としてたり、ストレッチしてみたりごまかしますが、やはりペースが上がらない。徐々にスピードが落ちてしまう。30kmの白兎駅で付近で走れなくなり、以降は歩き、走りを繰り返してゴールを目指すしかできなくなりました。

結局4時間43分でゴール。前半1時間58分、後半2時間45分というあり得ない失速ぶり。前半の走り方を維持できるようにトレーニングの方法も含めて見直さないといけないと痛感しました。

ゴール後には山形らしく芋煮と「つや姫」のおにぎりが振る舞われていましたが、あまりにも消耗していてほとんど食べられず、同行者の胃袋に収まりました。美味しいのですが、体がついていかず残念でした。会場にはプール利用者用のシャワーがあり、大会参加者が利用できるようになっていました。シャンプーやセッケンの備え付けはありませんが、着替え前に汗を流すことができます。これはありがたかった。ただし、のんびりシャワーを浴びていたら14時台の電車に間に合わなくなってしまい、予定通りの行動(米沢へ移動して上杉神社など見学)ができなくなってしまいました。何と15時台に電車が無いとは・・・。

2015nagai12
▲ 山形名物「芋煮」の大鍋。竈は常設されていました。

2015nagai3
▲ ほとんど食べられなかった芋煮。美味しそうなんだけど・・・

米沢でお土産と駅弁を物色し、新幹線で帰宅。22時頃には横浜の自宅に到着。

« 42.44km | トップページ | 5.88km »

フルマラソン」カテゴリの記事

47都道府県フルマラソン」カテゴリの記事

山形」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

走って来ました。第30回ということで何かイベントなるものがあるかと思いましたが特に何もありませんでした。スタート時は肌寒く丁度走りやすい気候でしたが後半は日が照り暑くなりました。大きなUP、ダウンもなく走りやすいコースでしたが35Kから39Kにかけて脚が止まり2,3度歩きが入り残り2Kくらいからは少し頑張りましたがタイムは4:22位でした。エイドは同じものばかりが揃っていて正直ゲンナリしました。
シャワーを浴びて芋煮等を頂きシャトルバスで駅に向かいました。山形駅前で後泊しノンビリして帰路に就きました。東北は残り宮城で来年風土マラソンをエントリーしてます。今シーズンもほぼ月2回ペースで走らざるをえませんが記録はもう狙えませんね。

お疲れさまでした。意外と単調なコースだったでしょうか。わたしは芋煮が食べられなかったので、うらやましい限りです。

ところで、こんなニュースを目にしました。今年は距離が48メートル短かったとか。
http://www.asahi.com/articles/ASJBW5SBLJBWUZHB017.html
おそらく0.1%分(42メートル)長く設定しているでしょうから、実際に足りなかったのは数メートルだと思われます・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30883/62537797

この記事へのトラックバック一覧です: 長井マラソン大会2015:

« 42.44km | トップページ | 5.88km »